心の免疫力

心理学

風邪をひいて高熱を出した経験は、おそらく誰にでもあります。

では、なぜ、高熱が出るのでしょう。

それは、その熱で、体内のウィルスの動きを弱らせているのです。

悪いものを食べてひどい下痢をするのはなぜでしょう。

それは、胃の中の悪いバクテリアを体外に放出するためなんです。

足首をねんざしたら激痛が起きるのはなぜだと思いますか。

それは、痛みによって安静状態を保つように体が指示しているからです。

このように、人間の体には、素晴らしい防衛システムがあります。

 

さて、コロナウィルスが蔓延しているこの一年。

免疫と言う言葉を耳にする機会が多くなりました。

免疫とは、疫から免れること。

つまり、免疫力の高い人は、伝染病などにかかりにくいということです。

実は、心にも免疫力があります。

あなたの周りに、外部環境に対して、ぐらぐらしない人っていませんか。

例えば、

試験に落ちても、すぐに次の目標を目指せる人。
会社で嫌なことがあっても、ポジティブに捉えられる人。
失敗をしても、いい経験だったと考えを切り替えることができる人。
家庭不和の環境で育っても、それを反面教師として自ら立派な家庭を築いている人。

世の中は、自分に都合が良いことばかりではありません。

この、うまくいかないことに対して、どんな捉え方をするかが、免疫力と大いにかかわりがあります。

世間の人は、たいてい結果というものを外部に見い出します。(まあ、当然ですが。)

就職試験に落ちた。

企画書が却下された。

夫婦関係がうまくいかない。

こんなとき、人は悩みを持ち、マイナス感情が湧き上がり、行動が弱まります。

これって、体が風邪をひいている状態と似ていますね。

でも、大丈夫です。

心にも、免疫があります。

一度、そのことで悩んだら、次回は同じ悩みが起きにくくなっているはずです。

それは、違う思考がもてるようになるからです。

例えば、失敗をしたら、次は違う方法を試して、違う結果を受け取るようになったりしますよね。

先日、こんなことがありました。私が手掛けているコンサルティングの仕事で、ものづくり補助金の審査に不採択だったのですが、あきらめることなく修正して、再度応募したところ、見事、採択となりました。1000万円の補助金はとてつもなく大きいので、依頼主も大喜びでした。

これなんかは、まさにポジティブシンキングの賜物です。

 

悩みは、外部からウィルスを取り込むことと似ています。

人の体に免疫があるように、心にも免疫があります。

どうぞ、あなたの心の免疫力を感じて、悩みで心が押しつぶされないようにしてください。

思い通りにならないのが世の中。

しかし、結果は本人の捉え方次第でどのようにでもなると考えてみたらどうでしょう。

そう考えれば、結果は外にあるのではなくて、心の内にあるとも言えますね。

すべては、心次第です。


最後まで、お読みいただきありがとうございました。

カウンセリングのお申し込みはこちらからどうぞ。

なお、初回の方に限り、30分のフリーカウンセリングが受けられます。LINEのID検索から、@iux3358xをご登録の上、「フリーカウンセリング希望」とメッセージをお送りください。

なお、ブログランキング参加中です。

この記事にご共感いただいた方は、ぜひ下の写真をワンクリック、お願いいたします。m(_ _)m

なお、記事の拡散・シェア、大歓迎です。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村

今日もあなたに喜びの一日が訪れますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました