怒りの感情が湧き上がる理由はたった一つ

心理学

怒りの感情に支配されるとき

人には、様々な感情があります。

喜び、悲しみ、不安、怒り

中でも、とりわけ強いエネルギーを放出しやすいのが怒りの感情。​

怒りの感情が放出されるのは、周りに意識が向けられているとき。

周りに対して何らかの責任を求めるのです。

自分はちっとも悪くない、すべて周りが悪い・・・。

こういう思考がベースになっています。

怒りのエネルギーの放出は、周りに被害者を生み出すことになり、人間関係を悪化させることは周知のとおりで、誰もがそう言った経験をお持ちだと思います。

では、怒りのエネルギーが湧き上がってきたときには、どうしたらいいのでしょうか。

まず6秒ルールで放出を避けること

大きな怒りを感じた時、まずは6つ数えてみましょう。

そして、1~6カウントする間に、ある作業をするのです。

それは、

意識を自分の内に向けて、じっくりとその感情を抱きしめること

です。

合言葉は、

「今、私は怒っているんだなあ。」

です。

すると、不思議なことに、それまで外に向けられていた意識が内側に向いていきます。

エネルギーのベクトルが方向転換するんですね。

人が怒る理由はただ一つ

それは、

自分の中のマイルール

があるからなんです。

~すべき。
~ねばならない。
普通ならそうするでしょ。

こんな自分のルールに反する言動に対して、

憤り、許せなさ、嫌悪感、被害者意識

などが、湧き上がってくるのです。

このマイルールは、自分の内なるところに存在している自分だけのもの。

これに反することが、怒りの源なのです。

そして、これは、あらゆる場所で、あらゆる人に対して適用されます。

例えば、あなたが、レストランでウェイターに無礼な接客をされたとします。

そして、「なんて失礼な態度なの。」と感じます。

相手に文句を言いたい気持ちにもなるでしょう。

でも、実は、そのウェイターが無礼なのではなく、あなたの中にその態度が許せないというルールがあるだけなのです。

そう、怒りの感情とは傍若無人なんです。

自分の心のはたらき方がわかる人は強くなれる

そういった心の仕組みやはたらきを理解し、コントロールできる人は、周りに敵を作り出しません。

そして、自分自身の心を正しく理解し、心の安定を作り出すことができます。

怒りを感じたらマイルールを追え

これが習慣化されていくと、自分の中にある固定観念に気づけるはずです。

マイルールは誰にでもあるもの。

要は、そこに気づくか、気づかないかの違いなのです。

自分自身では非常に見えにくいものだけに、気づける方法と繰り返しの心のモニタリングでつかんでみてください。

カウンセラーからは、心の専門家ですから、このマイルールは良く見えるものです。

私は、怒りに支配されたクライエント様のお話を30分もお聴きすれば、たいていこの部分が読み取れます。


最後まで、お読みいただきありがとうございました。

カウンセリングのお申し込みはこちらからどうぞ。

なお、初回の方に限り、30分のフリーカウンセリングが受けられます。LINEのID検索から、@iux3358xをご登録の上、「フリーカウンセリング希望」とメッセージをお送りください。

なお、ブログランキング参加中です。

この記事にご共感いただいた方は、ぜひ下の写真をワンクリック、お願いいたします。m(_ _)m

なお、記事の拡散・シェア、大歓迎です。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ
にほんブログ村

今日もあなたに喜びの一日が訪れますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました