ゆったりカウンセリングの勧め

カウンセリング

冒頭の言葉、実感を込めてお伝えしたいと思います。

と言うのは、

当心理カウンセリングの門戸をたたく方の多くが、行き詰って、どうにもならなくなってから、助けを求めて飛び込んでくるからなんです。

藁をもすがる思い

と表現すると心理状況がイメージできます。

 

例えば、

・大きな夫婦喧嘩に発展して、包丁を振り回してしまい、警察沙汰になった。

➡日常の夫婦間のコミュニケーションに、鏡の法則を理解し、少しでも実践できれば確実に人間関係は改善します。

 

・占いにのめり込み、気づいたら総額500万円を支払っていた。

➡辞めなければという気持ちが少しでも湧き上がってきたときに、嗜癖について学びを深め、客観的に見つめ直す機会を作れます。

 

・幼少時代のネグレクトから、自分がアダルトチルドレンだと思い込み、すでに亡くなった親を憎み続けている。

➡少しでも苦しみを感じているときに、自己受容を促進すれば、あなたの他者への受容度も変化します。

 

つまり、

症状が軽いうちにカウンセリングを受けるのがベター

ということ。

ちょっとした戸惑いやもやもや感が起こった時には、まだプラスエネルギーが働きやすいので、短時間のカウンセリングで心の微調整がなされやすいのです。

心のメンテナンスと言うというのは、そんなイメージです。


最後まで、お読みいただきありがとうございました。

ブログランキング参加中です。

この記事にご共感いただいた方は、ぜひ下の写真をワンクリック、お願いいたします。m(_ _)m

なお、記事の拡散・シェア、大歓迎です。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村

今日もあなたに喜びの一日が訪れますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました