お申し込みフォームへ ➤

人間関係から見えるあなたの無意識

心理学

相手によって自分の存在が脅かされ、心を平静を保てなくなるのが「人間関係の悩み」の特徴です。これは、自分対他人の意識で周りを見ているから起こることです。

​「離婚したいけど相手が認めてくれない。」

「上司からひどい叱責を受け会社を辞めようと思っている。」

 これらは、例としてわかりやすいと思います。

 しかし、自分の内に向けられたお悩みもあります。

​「自分自身が嫌で仕方ない。」

「生きている価値を感じない。」

 一見、他者の姿が見えませんが、かならず過去時制において、相手との関りの中で生み出されている何らかの認知があります。お悩みには、時制を問わず、必ず他者意識が存在しています。

​​これらの他者意識は、すべてあなたの無意識から作り出されていると考えてみましょう。

 カウンセリングでは、他者に向けられた視点を自らの内に存在するエネルギーに方向転換させていきます。

 自分対他人の意識が、自分対自分(顕在意識対無意識)に向かい始めるとき、あなたは自らの持つエネルギーに気づくでしょう。そこは、他者の存在が介入し得ない領域です。

 カウンセラーは、ただ単にお話を傾聴するのではなく、あなたの無意識へのアプローチを絶えず探っています。そして、ご自分のエネルギーを振動させ、アクションにつなげていきます。

タイトルとURLをコピーしました