専門のカウンセラーが対応

悩みは自らが作り出しているものという発想

心理学

悩むことは、人にしかできないことです。

悩んでいる鳩。

困っている猫。

立ちどまる犬。

見たことがありません。

それゆえ、悩むことは、人が人であることの証明でもあります。

何も怖れることはありません。

ただ、たいていの方は、悩んだときにこのように考えます。

例えば、いじめの場合。

あなたは学校時代にいじめを受けて不幸に育ったと思っています。

誰も助けてくれなかったと周りを恨んで生きてきました。

そして、自らの不幸を心に抱えて生きてきました。

その心から発するものを、周りはキャッチします。

周りはそれを受け取り、あなたに同情を返します。

あなたは、それで満足します。

なぜなら、自分が被害者でいることで、その同情を集め続けられるからです。

でも、そのままでは、あなたはその世界からは、決して抜け出ることはできないことが、お分かりいただけますか。

なぜなら、すべてあなたが作り出していることだからです。

 

本当に悩みから抜け出したいと思ったら、変えられるものを変えていく勇気が必要です。

まず、事実と記憶の分別から始めましょう。

あなたが、過去にいじめを受けたという事実が、あなたの記憶になって、今もとどまり続けていますが、クラス全員からいじめを受けたと思っている人が、実はあなたを嫌っていたのはその中のほんの数人であって、周りはただ同調していることがほとんどです。その中にも、あなたの見方になってくれていた人がいたはずですが、あなたはそれに気づけなかったのかもしれません。

そして、恨むという選択肢を選んだあなたはそれをずっと、心に秘めて生きてきたのではありませんか。

事実はあなたの捉えた認知によるものであり、記憶はあなたの思考ぐせにより作り上げられたものです。

今からでも遅くありません。

そのたった数人のために、栄えある人生を無駄にしないでくださいね。

あなたを理解できる人は、その数人の何億倍という人の数だけ、この世にたくさん存在していますから。

あなた自身の心はあなたが作れます。

そして、行動の選択肢は無数にあります。(ここ大事です。)

タイトルとURLをコピーしました