「溺れる人はわらをもつかむ」にどう対応するか

カウンセラー

カウンセリングは、クライエント様にとって最後の頼みの綱。

その綱を離されたら、奈落の底に陥ってしまう。

そんな感覚を時に覚えるのです。

 

私は、藁をも掴みたいのなら、丸太を投げてあげます。

それにしっかりとつかまって、まずは沈まないで浮いているご自分を感じていただきたいのです。

だから、無条件の受容がどうしても必要。

 

悩みを聞いてもらいたいクライエント様には、

心理学の知識も、

カウンセラーの世界観も、

偉そうなアドバイスも、

たいそうなセラピーも、

すべて必要のないものです。

 

ひたすら関心を持って、受け止めてあげる。

温かいふところで包み込んであげる。

心理カウンセラーには、そんな寛大さが必要なんです。

 

飾らない、

気取らない、

そねまない、

偽らない、

人間としての品格。

 

教育の世界では、教師は人なりと言う。

それとと同様、カウンセラーも人なり。

 

人が人を生かす。

 

これが本当のカウンセリング。

 

そこには、

資格だとか、

経験だとか、

有名であるとかに、

一切関わりのないクライエントとカウンセラーの共有する心の世界があるのです。


最後まで、お読みいただきありがとうございました。

ブログランキング参加中です。

この記事に共感いただいた方は、ワンクリックで投票をお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ
にほんブログ村

今日もあなたに喜びの一日が訪れますように。

タイトルとURLをコピーしました