専門のカウンセラーが対応

見えるものと見えないもの

心理学

見えるものは現実、見えないものは心。

私たちは、どうしても見えるものだけに目を奪われがちです。

周りの人。

周りで起こること。

周りの環境。

そして、そこから受け取ったものを心に取り込んでいます。

見えない心を周りという媒体を通して作っています。

でも、心のはたらきを学んだ人は、心の持つ巨大なエネルギーを感じることができます。

心の底から、

こうしたい。
こうなりたい。

と願うことです。

強ければ強いほど、周りにそれを作り出していきます。

でも、・・・・だから。

どうせ、無理なことだから。

と言い訳が出る人は、現実に飲み込まれています。

嫌いな会社に勤め続けることも、うまくいかない夫婦関係のまま日々過ごしていることも、現実から心に書き込みをし続けています。

そして、ずっと望まない現実から心に取り込み続けることで、近い未来、周りの評価を気にし、自分軸が見えなくなり、心が喪失していくのです。

今の心の在りようが未来の現実を作っています。

今の現実は、過去の心の在りようによって作り出されたものに他なりません。


不平、不満、愚痴、文句、悪口が自然と出てきてしまうのは、すべて過去にもった心から出てきています。

周りの環境を一時切り離していただいて、自分の本当の心と向き合っていくこと。

とても必要なことだと思っています。

本当の心に到達できた時に、あなたの思考や行動が変わっていきます。

そうして、メンタルと行動とつながっていることが実感できます。

これを習慣化することによって、メンタルの持ち方までもが確実に変わっていきます。

ぜひ、自らの心の発動で周りを作り出すことを実感してみてください。

タイトルとURLをコピーしました