専門のカウンセラーが対応

受け入れ難しが受け入れられた時

心理学

​その昔、どうしても許せない上司がいました。

​全く理にかなっていないことを言う。

機嫌の良し悪しで口調が変わる。

露骨なえこひいきをする。

​なんでこんな人が存在しているんだろうと思っていました。

​でも、今では、私は理解しています。

私の対象は、この方に向けられたものではなく、これに対する許せなさや決めごとを持っていただけなんです。

​理にかなっていないことは受け付けない。

人はいつもフラットな感情でいなければならない。

万人に公平でなければならない。

​すべて、自分の心の決めごとから発した認知がこの上司に投影されていただけなのです。

​そして、じっくり感じたら、すごいことがわかりました。

​自分も時に理にかなっていないことを言う。

もちろん機嫌がいい時とそうでないときがある。

人に対して好き嫌いの感情もある。

​そのときに、この上司への許せなさが緩まっていくのを感じました。

タイトルとURLをコピーしました