現代社会にはびこる「シャーデンフロイデ」

心理学

最近、脳科学者の中野信子さんの著書から目が離せません。

私が、中野さんの最もすごいと思うところは、人の心との関連性を脳科学の分野と絡めて解説していること。

そして、中野さん自身が、自分自身はもちろんのこと、人間の心の本質をよく理解していることにあります。

著書はこちらをご覧ください。

シャーデンフロイデ ~他人を引きずり下ろす快感~

例えば、この

シャーデンフロイデ

というドイツ語。

原語シャーデ(shade)は残念、フロイデ(freude)は喜びの意味。

つまり、

「人の不幸は蜜の味」

と言い換えればよくわかるでしょうか。

身近な例で例えれば、

人の失敗をすっぱ抜いて記事にする週刊誌。
それを興味津々に読む読者。

これが、わかりやすいシャーデンフロイデの構造です。

多分、私の心の中にも同様の感情が湧き上がることがありますので、脳の働き(オキシトシン)が関連しているというのも実感として理解できます。

日常の出来事で例えましょう。

自分の車を強引に追い抜いていった車が、その先でネズミ捕りに引っかかっていたところを目撃したら、「それみたことか。」「ざまをみろ。」と、このシャーデンフロイデが働くことでしょう。

人は寛容さを持っているものの、その対極に働く心も持ち合わせている。

中野さんは、人の感情を読み取らないサイコパスは1%の割合で存在すると言っていますが、このシャーデンフロイデこそ、現代社会の病理の原因とも言っています。

嫉妬心
正義と言う名のもとに湧き上がる相手へのパッシング
成功者や有名人の失敗に喜ぶ心
自分を虐げる者の不幸への安堵感

こういう心理状態を感じた時こそ、

シャーデンフロイデ

を思い出して、心の内側を感じてみましょう。

1 気づく

2 相手と切り離す

3 心を選択する

この手順で、自らのシャーデンフロイデは弱めることができるものと思います。


最後まで、お読みいただきありがとうございました。

LINEのID検索から、@iux3358xをご登録の上、「フリーカウンセリング希望」とメッセージをお送りいただければ、30分のフリーカウンセリングが受けられます。

なお、ブログランキング参加中です。

この記事にご共感いただいた方は、ぜひ下の写真をワンクリック、お願いいたします。m(_ _)m

なお、記事の拡散・シェア、大歓迎です。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ
にほんブログ村

今日もあなたに喜びの一日が訪れますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました