お申し込みフォームへ ➤
フェイスブック動画チャンネル

人が怖れるものは自らの内に存在する

心理学

本日の記事の内容は、ちょっと衝撃があるかもしれません。

心のはたらきとして覚えておくと、必ず役に立ちます。

過去記事でも類似の内容がありますので先にお読みください。

周りの評価が気になる理由

ネットを怖れる心の原因は自らの心に在る

 

下の中に、「あなたが特に怖れるもの。」はありますか。

嘲笑

悪口

批判

クレーム

執拗さ

無視

怒鳴り声

暴力

もし、該当しているものがあったら、それをイメージしながら以下を読み進めてください。

ある女性の本当の心が映し出された実話。

「私は、暴言や暴力が大っ嫌いなの。」

と常々話していたこの女性。

ある日、運転手が、一時停止をしないで通りに入ろうとしてきた車に、クラクションを鳴らしました。

そして、その後、

「あの車、マナーがなっていませんね。」

と言った途端、

助手席の女性が、ダッシュボードをバンと手でたたき、

「マナーがなってないのはあんたでしょ。」

「そんなに怒らなくたっていいんじゃないの。」

と激怒し、車の中で暴言を吐きまくりました。

突然の飛び出しに感情をあらわにしてしまったこの運転手は、飛び出してきた車よりも、この女性の突然の怒りに驚いてしまったと言います。

まるで、数年前に話題になった某議員のような暴れっぷりです。

この女性は、クラクションを聞かなければ怒らなかったのでしょうか。

いいえ、そうではありません。

この女性が潜在的に持つ怒りのエネルギーが、目の前の現実に対する認知を作り出しているのです。

 

つまり、

内在的に持っている

ということです。

 

これは、

怒りを怖れる人が自ら怒りを発している

というわかりやすい事例です。

 

怒る人は大嫌いと言っている本人が、激怒しているというおかしな話ですが、こういうことはよくあります。

 

実は、これには根拠があります。

あなたが不安や怖れが何もなければ、下のことはおそらく該当しないかと思います。

でも、大きな怖れを感じている事項があったら、

それは自分の中にある

と思って間違いありません。

 

嘘をつかれることを怖れるのは、自らも嘘をつくことを知っているから。
人に悪く言われるのを怖れるのは、自ら人のことを悪く言う人間だから。
人に嘲笑されるのを怖れるのは、自ら人を笑い飛ばす人間だから。
人に批判されるのを怖れる人は、自らが人を批判する人間だから。
クレームを怖れるのは、自らクレームを発する人間だから。
ストーカーを怖れる心があるのは、自らの内に執拗さが潜んでいるから。
人に無視されるのを怖れる人は、自ら人を無視する心があるから。
人に怒鳴られるのを怖れるのは、自らもよく怒鳴るから。
人からの暴力を怖れるのは、自らの内に潜む暴力性を知っているから。

 

人間は、誰でも自分には汚い心はないと勘違いしやすい生き物です。

でも、真実は違います。

 

不安や怖れがある人ほど、

潜在的に恐れる対象のモノを自らの心の内に持っている

のです。

 

そう思うから、そう見える。

 

自分のことはとかく見えません。

 

あることに怖れを感じたら、それはその心が映し出されたもの。

心の中に怖れがない限り、そのように目に映ることはないからです。

そして、

その怖れの対象物はあなたが持っている

 

これが、

周りは自分の心を映し出す鏡

と言われる理由です。


最後まで、お読みいただきありがとうございました。

ブログランキング参加中です。

この記事にご共感いただいた方は、ぜひ下の写真をワンクリック、お願いいたします。m(_ _)m

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村

今日もあなたに喜びの一日が訪れますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました