「恋愛~結婚~離婚」の流れにある心の法則

心理学

現在、恋愛中の方。

結婚生活を始めたばかりの方。

離婚調停中の方。

そして、離婚後でシングルの方。

 

現在、その過程にいらっしゃる方にも、ぜひとも心をチェックしていただきたい。

 

「恋愛~結婚~離婚」

 

この流れの中で「心がたどる道」には、一つの法則があります。

 

それは、

 

「妄想~現実~幻滅」

 

です。

 

人は、相手を好きになると、すべてがOKになります。

(*好きに理由はほぼ無いんですが…。男女の嗅覚的なものですから。)

これは、「あばたもエクボ」という言葉の通り。

そして、相手に好かれよう(嫌われないように)とあらゆる手段で、自分を演じます。

本来の自分を隠すことになるので、その結果、心の中に産み出すのは自己不一致の種。

 

結婚すると、徐々にお互いの本当の姿が出始めます。

「え、こんな人だったの・・・」

「こんなはずじゃなかったのに。」

恋愛時代には、見えなかったものに直面する。

まさに、ハートブレイク。

その対応は、2通り。

相手に不満をぶつけるか、それとも我慢をするか。

いずれにしても、破局への道へ向かうことになります。

破局は、相手が逃げ出すか自分から離れるかのどちらか。

 

離婚して、初めて本来の平静を取り戻すことになります。

「ようやく自己一致できた。」と落ち着くわけですね。

 

しかし、ここで、「妄想~現実~破局」の法則を知っておくのと、知らずに再び同じことを繰り返すのとでは、人生が大違い。

40代~50代の方の恋愛相談でも、これに気づかずに同じループで繰り返している人が圧倒的に多いように思います。

人生は、思うほど長くはありません。

知るべきは、早めに知ることが、賢い生き方。

 

さて、ここまで、お読みいただいた方は、この法則を作り出している元がなんとなく見えてきたと思います。

 

はい、それは

 

相手への期待感

 

ですね。

 

「期待」の反対語は、「失望」です。

 

ものごとは表裏一体

コインの裏と表のようなもの。

 

期待をすれば、失望がある。

つまり、期待が失望を起こすもと。

相手にこうであってほしいと思っていれば、そうでなかったときにがっかりする。

すべては、自分の心の中で起こしていること。

相手は、あるがままに存在しているだけ。

 

恋愛に溺れやすい人は、一つエクササイズをしてみてください。

簡単です。

自分の相手への期待感をリストアップして、頭の中で✖をつけていきましょう。

 

やっているうちに、妄想が期待感を作り出していることに気づきます。

 

妄想が外れて、見えたものこそ・・・。

 

相手の本当の姿。そして、本当の心。

 

もう一つ、大切なことがあります。

その本当の心は、あなたが周りに条件を付けたり、評価をしたりせずに、あるがままに受け入れる中でこそ見えるものだということ。

 

成熟した愛情に結ばれた関係を目指すために、自分と言う色眼鏡を外し、周りを自然に受け入れることを心がけてみてください。

うまくいっている熟年夫婦は、お互いにこんな心の状態でいるはずですから。


最後まで、お読みいただきありがとうございました。

ブログランキング参加中です。

この記事に共感いただいた方は、ワンクリックをお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ

今日もあなたに喜びの一日が訪れますように。

 

タイトルとURLをコピーしました