不安が作り出す心理状態​

心理学

例えば、車を所有していらっしゃる方でしたら、実感をもってご理解いただける事例です。

​あなたが加入していた自動車の任意保険が切れたと仮定します。

​しかし、そのことを全く知らずに、一か月間、その自動車を運転し続けたとします。

そして、ある日、ふと保険の有効日が切れていたことに気づきました。 

​すると、どうでしょう。

おそらく、昨日まで、平気で運転していたあなたは、今日はハンドルを持つ手がいつもよりぎこちなくなり、気分的にも落ち着かないで運転することになることでしょう。

いや、ひょっとしたら、無保険の車なんて怖くて乗れないと思い、運転することさえできなくなるかもしれません。

同じ車を同じように運転しているのに、心に不安を抱えただけで、こんなにも行動が影響を受けるのです。

​このことは、昨日まで、平気で運転していた行動が、心理的安心の上で行われていたということを意味します。

​​実際には、ゴールド免許証で熟練されたドライバーの方でしたら、任意保険に加入非加入にかかわらず、自ら事故を起こすような心配はほとんどないと思います。

​​人は、思い込みによって、行動がいかようにも変わるということです。


最後まで、お読みいただきありがとうございました。

LINEのID検索から、@iux3358xをご登録の上、「フリーカウンセリング希望」とメッセージをお送りいただければ、30分のフリーカウンセリングが受けられます。

なお、ブログランキング参加中です。

この記事にご共感いただいた方は、ぜひ下の写真をワンクリック、お願いいたします。m(_ _)m

なお、記事の拡散・シェア、大歓迎です。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ
にほんブログ村

今日もあなたに喜びの一日が訪れますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました