断捨離の後で起こること

心理学

断捨離

これは、皆さんが既に耳慣れしている言葉。

ものを断つ。
捨てる。
そして、離れる。

つまり、自分の身の周りを空っぽにしておくこと。

 

これは、水に例えるとよくわかります。

滞留している水は、よどんで、バクテリアが繁殖し、生命力をも奪います。

しかし、流れる川には、新しい水が絶えず入り込んできては、出ていきます。次々に入ってくる感覚です。そして、常に澄み切っています。

 

断捨離も同じこと。

ものを手放さないとどんなことが起こり得るのか。

入るだけ入れて、捨てられない心がこの現実を作り出します。

これでは、新しいものが入りようがありませんし、入ってきてもそれは古いエネルギーに犯されてしまいます。

こうまでならなくても、これに近い状態で生活している人は多いと思っています。

 

実は、心もものと同じことなんです。

古いものを心の中に抱えたままで過ごすと、新しいエネルギーが入りようがありません。

思い出にしがみつく執着心

もったいないと思うケチでしみったれた心

必要のないものを抱えている無駄

カウンセリングにおいても、心の中にある不要なものに気づき、手放すことが悩みから解放されるためには必要です。

 

世の中はすべて循環で成り立っています。

無いところに新しいものが入ってくるのです。

あなたの生活を見回してみてください。

 

1年間着ることのなかった服

何年も洗濯していないカーテン

磨かれることのない窓ガラス

 

こんな生活をしている人は、まずはそれに気づくことから始めてください。

一枚の服に執着していた自分の心を捨てられたら、新しいものが喜びと共に入ってきます。
ヤニで黄ばんだカーテンと共に暮らしている人は、手に取って臭いをかいでみてください。めんどくさいという理由を作って、選択するのを避けていた自分の言い訳に気づいたら、自然と洗濯機に入れているはずです。きっと、部屋の空気が変わります。
くすんだ窓ガラスを一度指でこすってみてください。指先に付く黒いほこりにびっくりするでしょう。まずは一枚のガラスを丹念に磨き上げてみましょう。そこから、あなたは前とは違った新しい世界を目にすることでしょう。

 

お金にも断捨離効果があります。

ケチな人は豊かになれません。

それは、お金に対する執着心が、お金の流れを自らが停滞させるのです。

欧米の資産家は、おしなべて収入の10%程度は社会貢献事業に支援するといわれます。

つまりは、人の喜びのためにお金を遣うことを実践しているということ。

ここで、心無い人はやっかみを込めて言います。

「金持ちだからできるんでしょ。」

いいえ違います。

彼らは、お金があるから支援するのではありません。

支援するから、さらにお金が入ってくるのです。

 

私は、この考えで、自らの収益の10%以上を貧しい国の子どもたちのために回させていただきます。

すると、不思議なことに、お金は別のところから入ってくるんです。

こちら、カンボジア支援のクラウドファンディング

開始9日間で、目標金額を達成できました。

カウンセリングエデンからの収益も、こちらに上乗せして、カンボジアの子供たちのために支援させていただきます。

いつも私がクライエント様に伝える言葉

与えるもの=受け取るもの

あなたが誰かに痛みを与えれば、あなたは誰かからそれを受け取ります。

あなたが誰かに幸せを与えれば、あなたは誰かからそれを受け取ります。

あなたが誰かに愛を与えれば、あなたは誰かからそれを受け取ります。

 

世の中のすべてのものは、このように循環しています。


最後まで、お読みいただきありがとうございました。

カウンセリングのお申し込みはこちらからどうぞ。

なお、初回の方に限り、30分のフリーカウンセリングが受けられます。LINEのID検索から、@iux3358xをご登録の上、「フリーカウンセリング希望」とメッセージをお送りください。

なお、ブログランキング参加中です。

この記事にご共感いただいた方は、ぜひ下の写真をワンクリック、お願いいたします。m(_ _)m

なお、記事の拡散・シェア、大歓迎です。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村

今日もあなたに喜びの一日が訪れますように。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました