お申し込みフォームへ ➤
フェイスブック動画チャンネル

行動に条件付けをする思考の問題点

心理学
はじめに、心理学のなぞなぞです。
使えば使うほど増えていくものはなあに?

その答えは、文末にあります。

 

さて、誰でも物質的に損することを好まないですよね。

 

これは、当然のこと。

 

でも、これが心にまで活用されると、ちょっと問題が起こります。

 

実は、「損するのが嫌」という心の状態があるマインドを作り出すんです。

 

その、マインドとは・・・。

 

~してあげたのに思考

(*こちらに詳しい記事を書いているのでお読みください。)

 

例えば、恋愛において。

愛してあげたのに愛されないなんて・・・。

 

人間関係全般においても。

親切にしてあげたのにお礼もないなんて・・・。

 

相手がしなければ、自分もしない。

 

反対に言えば、相手がすれば自分もするということ。

 

これは、行動するのに条件を付けていることになります。

 

その条件が、行動への制限になり、自分自身の幸せをも制限していく。

 

身の周りで探してほしいんです。

学校時代にみんなから好かれていた子がいませんでしたか。

会社に誰からも愛されるタイプの人っていませんか。

 

そういう人は、たいてい周りに気軽に声をかける。
相手が誰であろうと、すすんであいさつする。

 

つまり、行動に条件を付けていないということ。

 

これって、恋愛でも人間関係でも原則は同じ。

 

たいして容姿も良くないのになぜかモテる。

そんな人は、これが備わっている人。

恋愛において、男でも女でも相手の心を射止める人は、かっこいいとか学歴があるとかお金持ちとかではなく、自分から相手に声掛けをしているかどうかということにつきます。

 

無条件に相手に与えるもので、

かまってもらえている、気に留めてくれている、存在を認めてくれている・・・。

そんな気持ちにさせていくのです。

 

容姿以前にそういうところに恋愛の種も転がっています。

 

冒頭のなぞなぞの答えです。

使えば使うほど増えていくもの

それは

「愛」

です。

 

恋愛でも人間関係でも、愛は与えれば与えるほど、増えていきます。

与えれば与えるほど、あなたに戻ってくるものです。

 

行動にいちいち条件を付ける必要はありますん。

 

ただそうしたいから、そうするだけ。

 

この感覚が大事。

 

あまり愛を与えすぎるのも、結婚生活上には差し支えがありますが・・・。

(*その場合には、嫉妬心という変化した形で返ってきますね。)


最後まで、お読みいただきありがとうございました。

ブログランキング参加中です。

この記事に共感いただいた方は、ワンクリックで投票をお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ
にほんブログ村

今日もあなたに喜びの一日が訪れますように。

タイトルとURLをコピーしました