お申し込みフォームへ ➤

ごあいさつ

人の心は、なにものにも縛られない自由なものです。

あなたの心が、本来のエネルギーを発揮できていないとしたら、それはとても残念なことです。

心が変われば、あなたの運命が変わります。

生きていれば誰もが普通に悩みます。

では、なぜ人は悩むのでしょう。

「~すべきである。」 
「~でなければならない。」
「普通なら~するはずだ。」

これらが、自らの自由を奪う「禁止令」「束縛」「思い込み」を心に中に作り出します。

そして、たいていの場合、「なぜ、こうなるのだろう」「どうしてうまくいかないのか」という思いが強まり、悩みのループから抜け出せなくなります。

でも、わたしは断言します。

あなたのお悩みは、いくつかのことに気づけば、すんなりと解決できます。

そして、必ず今とは違う結果を受け取ることができます。

​自分のことを少しだけお話しさせてください。

私は、30年ほど公務員として勤めました。

外から見れば、安定した不自由のない生活を送っているように見えたかもしれませんが、ずっと心の中に何か生きづらさのようなものを感じていました。

何をしていても、本当に求めているものがそこにある気がしなかったのです。

ある時、自分の心の中の未知のものに気づくきっかけを与えられました。

それが、心理カウンセリングでした。

ある時、何気なくセッションを受けてみると、これまで知り得なかった自分の心の本当の部分を感じました。

私は、心の深さに驚きを持ちながら、心理学のセミナーに足しげく通い、そして書物を読み漁りました。

心の仕組みやはたらきは、これまで持っていても気づけなかったことであり、まさに目から鱗が落ちるような感覚でした。

感情・思考・行動・・・。

どれも、単独で存在するものではなく、つながっている。

日常生活の中で、自分自身の心に当てはめつつ思考を巡らしていくと、心のはたらき方が次々と明確になっていくのがわかりました。

そして、悩みは、自らの心の中に原因があって、その結果として受け取っているものであると自らの心をもって知りました。

それは、長い暗い闇のトンネルを抜け出たような感覚でした。

心のブロックを外し、プラスエネルギーを意識できれば、それは自然に行動につながっていき、目の前に映し出される光景が変わっていく。

新しい心を手に入れるだけで、無限のエネルギーを全身で感じることができることも実感を通して理解できたのです。

私は、長い時間こそかかりましたが、本当に自分が求めているところに着地しました。

これまで知り得なかったことに気づく。
情けなく感じていた自分への自信が回復する。
許せなかった周りが受け入れられるようになる。
嫌いだった自分が好きになる。
「辛さ・苦しさ」が消えて満たされた気持ちになる。
あきらめていたことが実現可能に思えるようになる。

これらは、カウンセリングの現場では日常的に起こる変化です。

自分の決めごとを知り、思考パターンに気づく。

新しいセルフイメージを作り、行動を起こすだけで、未来に受け取る結果が変わる。

もう、周りの言動に惑わされることも、対処する必要もなくなります。

あなたは味方をたくさん呼び寄せ、今この瞬間に喜びを感じるようになります。

その過程のすべてを支援するのが心理カウンセリングです。

教育カウンセリングを通して培った、人と人が同じ目の高さで向き合い、心を無条件に受容しながら、プラスエネルギーを湧現させていくことが私のカウンセリングベースです。

そして、幸いにも長年の教育現場での指導経験から得た「いかにしたら生徒の心を開けるか。」「どのように授業を展開したら学びを深めることができるか。」などの仮設から結論を導くノウハウが、誰でも心を正しく理解できるカウンセリングとして体系化することにも大いに役立ちました。

本を読めば知識は得られるけど、辛さや苦しさは残ります。

家族や友人に相談しても、聞いてもらうだけで終わります。

医者に行けば、処方は受けられても根本解決はできません。

あなたは決して一人ではありません。

経験豊富なカウンセラーが、お話を傾聴させていただき、あなたの心を全面的に受容し、心の仕組みを学んでいただきながら、アクションを起こせるようになるまで支え続けます。

​髪の毛が伸びたら床屋さんに行くように、
歯が痛ければ歯医者さんに行くように、
心が辛ければ、自然な気持ちで私たちのもとにいらしてみませんか。

おかげ様で、2014年の開業以来、100,000人のホームページへの来訪者をお迎えし、延べ1,000以上のクライエント様の心の回復のお手伝いをさせていただきました。

すべて皆様の存在があってのことと感謝申し上げる次第です。

一人でも多くの皆様が心の黄金則を正しく理解し、本当に望む人生を手に入れていただくことを強く願っています。


代表 松田辰弘

タイトルとURLをコピーしました