カウンセリングセラピー

​認知行動療法

認知というのは、ものの受け止め方や考え方のことです。誰でも、何か出来事があった時に、ふと瞬間的にうかぶ考えやイメージがあります。これが、「自動思考」と呼ばれるものです。無意識の中にあって、思考癖として身に付いているものでもあります。人は、折に触れて、瞬時に気持ちが動いたり行動を起こしたりしますが、それは自動思考が感情を生み出し、行動に影響を与えているからなのです。この自動思考を現実的で柔軟な考え方に変えることで、ストレスを軽減させることができます。

下は認知再構成法と呼ばれるもので、あなたの認知を書き換える作業の手順を示しています。

1.ストレスを受けた経験をもとに、思考と感情について分析してみる。

2.今の苦しさを結果として、原因となるものを類推する。(これが、自動思考にあたる思考癖であり独特の思考パターン)

3.心の仕組みを、感情・思考・行動を類型化しながら理解する。

3.自動思考を柔軟な思考に書き換える。

​4.問題を解決する方法や人間関係を改善する方法に応用して、今できることを行動に移す。

認知行動療法は、目に見える行動を取り上げるため、誰にもわかりやすく思考・感情・行動についての理解を深めることができます。そして、心に対する正しい理解をベースにして、なりたい自分を実現するための思考や行動を獲得していきます。

認知行動療法「5コラム法」実践例

認知行動療法ワーク「内側から自分が変わる」