専門のカウンセラーが対応

マイナス思考は悪いものではないという思考に着地してください

カウンセリング

カウンセラー同士の連絡会で、いつも私が伝えるメッセ―ジに、人のマイナス思考の捉え方があります。

そもそも、たいていのクライエント様は何らかのマイナス思考をお持ちです。

そして、それがひどく悪いものであると思っています。

身近な誰かに相談すれば、

「前向きな気持ちになりなよ。」

「あなたならできるよ、大丈夫。」

と励まされることでしょう。

これは、素人の領域のアドバイスです。

行動できないで困っている人にやれと言うことは、それはとても酷なことなのです。

 

カウンセリングでは、心に寄り添いながら、ご自分の感情をたっぷりと感じていきます。

ご自分の心で感じることをそのまま受け入れていくのです。

そして、感情や思考にマイナスもプラスもないという捉え方に着地した時、新たな展開が起こります。

なるようになっているのが思考・感情・行動です。

つまり、そうなる理由が必ずあるということ。

怒りにはその人なりの理由があります。

不安にもその人しか持ちえない理由があります。

これをしっかりと見つめていくことと、見逃していくことでは、その後の人生に大きな差が出てきます。

自分に向き合うことは不都合に向き合うことですから、多少心がざわつきますが、カウンセラーがそれを支えます。

カウンセリングでは自己受容といい、それを促進するためにカウンセラーは無条件の受容に基づいた傾聴を行います。

完全に自分自身を受け入れたときに、自分で勝手に価値づけていた評価さえも手放すことになります。

感じることにいいも悪いもない。
あるがままのものだ。

こういう思考に到達します。

この思考は、周りを受け入れる思考の土台になるものです。

周りにどんな人が存在していようとも、どんな境遇にいようとも、どんなことが起ころうとも、ぐらつかない自分軸のベースとなる思考です。

幸せになりたいと願っている人は、今が不幸せだと思っているわけですから、永遠に幸せに到達することはありません。

嫌いな上司がいるから転職したいと願っている人が、それを実行して望む環境を作り出しても、そういう人を受け付けられないという心は変わることはありません。

このような方は、やはり一度心との対話を深めてみることをお勧めします。

必ず心の中に強いブロックをお持ちです。

 

マイナスエネルギーはプラスエネルギーと共存しています。

心の中がプラスエネルギーに満たされ始めたとき、あなたの心のブロックが外れるようになっています。

その時こそ、今この瞬間に喜びを感じることを心の感じるままにやってみること。

初めは、恐る恐るかもしれません。

でも、行動してみれば、実感できます。

お金でもなく、立派な家でもなく、社会的な地位でもなく、それは無形のもの。

心が満たされること。

これに尽きます。

人生には、こんなにも素敵なことがあるんだって、体感できます。

タイトルとURLをコピーしました