お申し込みフォームへ ➤

いつも自分の心と対話を

心理学

​目は周りを映し出し、耳は言語情報を感知し、鼻は嗅覚情報を舌は味覚情報を取り込みます。

​我々は取り込んだものに対して、感情を持ちます。

​延々とその感情を語るクライエント様がいました。

​病弱な奥様の行動に対しての文句、不平、不満・・・を延々と語ります。

​自分は、被害者であるかのように。

​被害者の位置にいる限り、敵は目の前から消えることはありません。

​視点を変えて、奥様のお話しに耳を傾けていますかと聞くと、

​ああしろ、こうしろとしか言っていないとのことでした。

​まだ、やれていないことが見つかったら、あとは心を決めて行動するだけ。

​被害者であることを手放した時、周りに加害者はいなくなります。

​そこにご自身で気づいていくのがカウンセリングです。

タイトルとURLをコピーしました