専門のカウンセラーが対応

カウンセラーになるための条件

カウンセラー

先週、全5回にわたるオンラインカウンセリング講座を修了しました。

今回は、カウンセラーとしての心構えをベースに様々なお話をさせていただきました。

最初から、出席者を限定していないこの講座。

心理学に関心のある方でしたら、誰でもオッケーでした。

なぜでしょうか。

理由は、現カウンセラー、これからカウンセラーになろうとする方、元クライエントの方等々、そもそも人の心には枠組みや境界は必要ないという、私の考えに基づいたものです。

カウンセリングは、クライエントが年上であろうと年下であろうと、男女の性別にも関係なく、社会的な地位も財産の有無も一切関係なく、人と人が尊厳を持って、正対して向き合っていくものだと思っています。

もしも、相手の年齢を聞いて態度を変える、相手の社会的な地位によって恐れ多いと感じるようであれば、あなたはその自分自身の色眼鏡にまずは気づく必要があります。

それゆえ、正直申し上げますと、女性客限定でカウンセリングをやっているカウンセラーを私は信用できません。

カウンセラーと言うのは、ヒアリスト(傾聴者)でもセラピスト(療法施術者)でもありません。

私は、カウンセラーは、心理学に通じていることは当然なことに加えて、自分の命の躍動をクライエントに伝えるだけの生命力が必要だと思っています。

興味があるだけで、

心理学をかじっただけで、

セラピーを理解しただけで、

資格を取っただけで、

大きな悩みを現在進行形で抱えているクライエント様の問題解決へと導くことは可能でしょうか。

答えは、NOです。

カウンセリングは、そんな、甘っちょろい、生易しいものではありません。

そういうカウンセラーに限って、クライエントに寄り添いながら、クライエントの感情を受け止めているようでいて、ゴールにたどり着くことなく延々とカウンセリングに通わせ続けます。

共感してもらいたいだけのクライエント様なら、それでいいのかもしれません。

でも、ほとんどのクライエント様は、自らの人生に生きづらさを感じていて、二度と悩まない人生を送ることを望んでいます。

その思いにこたえられるだけの心構えがあるかどうか、カウンセラーはまず自らに問いかけてほしいと思っています。

どの世界でもそうですが、プロとは結果がすべてです。

カウンセリングの結果があいまいなことも、クライエント様を混乱させる大きな要因になっています。

繰り返し、申し上げます。

あなたの、悩みはなくなります。

ただし、3つを覚悟してください。

①ご自分の心にじっくりと向き合っていただきます。
②多少心の痛みが伴うことがあるかもしれません。
③治るに相当する金銭的なご負担をお願いします。

この3つの条件がクリアできている方は、終了後には、あなたのお悩みの根本的な解決への見通しを持っていただけることをお約束します。


講座終了後の感想を頂いておりますので紹介します。

実際の現場で運営されている方の様々なご意見を伺えて非常に良かったです。

印象的だったことをいくつか。

最も印象的だったのは心を掘り下げていくと必ず人は良いことをしたいと思っていると言うことでした。

どんなに悪人でも毒親と言われる人でも心の根底には良いことをしたいと思っている。

そうかもしれないと思いました。

そのような人たちは良かれと思って間違った悪いことをしているだけなのかもしれません。

それに自ら気づいてもらうこと。

その答えに導くこと。

それがカウンセリングかもしれません。

プラスの感情もマイナスの感情もエネルギーであるということ。

どちらにもパワーがある。

それを前提に物事を考える。

優先順位を「心」を先にしている人か?「物」を先にしている人か?

心を優先している人は愛を生み出す力のある人。幸せになれる人。

ものを優先にしている人は常に欲しがる。心の乾いた人。自分の内面を見ようとしない人。理由がないと動けない人。

教えていただき、モヤモヤしていたことがハッとと気づきました。

心の勉強重ねていますが、私自身はカウンセラーになろうと言うことよりも自分自身を高めるために勉強しています。

このことが将来誰かのために役に立つならば良いと思います。

私がいつも思ってるのはプラスとマイナスは車のアクセルとブレーキの関係に似ていると思っています。

どちらも必要です。

でもブレーキだけあっても車は一向に前に進みません。

アクセルしかない車は前に進みますが危なくてしかたありません。

しっかりとアクセルを踏むために時々ブレーキが顔出す位がちょうどいいと思います。

そのバランス感覚が必要だと思っています。

また機会があればさらなる勉強をさせてください。

今回はありがとうございました。

今回の講座を受けて思った事は、カウンセリングの基本やカウンセラーの姿勢などをしっかり教えて頂いただけでなく、クライアントさんには必ずプラスの部分がある、そこをしっかり見てあげるのが大事。カウンセラーにとって自己一致の大切さやその自己一致の仕方、インナーチャイルドの受け入れ方、最後のカウンセラーとして仕事を起動に乗せるにはまで分かりやすく、しかし中身の濃い講座で大変勉強になりました。

私は一年前にカウンセラーデビューしたばかりの新米カウンセラーですが、最近人の心の複雑さに改めてビックリして、これは更に勉強していかないと良いカウンセリング出来ないと改めて気合い入れ直している次第です。そして私はこれから電話カウンセリング専門で、しかも電話で認知行動療法カウンセリングをしていこうとかなり無茶な事をしていこうと思っています。

他人と同じ事やっていては仕事にならないと思うので、講座でも仰有っていた良いとこ取りで自分オリジナルのカウンセリング法を確立していく。それにかなり共感しました。

この度の学びは私にいっぱいの力を与えてくれました。他のカウンセラーさんやカウンセリングに興味ある参加者の皆さんと同じ時に学べたのは素晴らしい財産でした。またこのような場を提供していただけたら嬉しく思います、これからも宜しくお願い致します。

今回はじめてカウンセリング講座に参加させて頂きました。5回の講座を伺い、毎回毎回とても勉強になるお話だったと思います。また参加されている方々の考えや思っていること、インナーチャイルドについて、、、などそれぞれの貴重なご意見も伺えたと思います。通常インナーチャイルドについて自ら他者に話すことは殆どせず、また他者からインナーチャイルドの話を聴くこともないので、皆さんが同じような思いをされているのだなぁと少し安心感を抱きました。
 以前カウンセリングをして頂き、学んだことや今回の講座で学んだことをさらに深めて勉強していきたいと感じました。また次の機会がありましたら学ばせて頂きたいと思います。
 貴重な講座を伺えましたこと、感謝しております。ありがとうございました。

全5回にわたる講座を受けて、受ける前と比べ、とても前向きに自分のことを考えられるようになりました。
一番心に残った言葉は、人間にはプラスとマイナスのエネルギーが表裏一体で常にあり、マイナスエネルギーは悪いエネルギーではないこと。私は自分の中にあるマイナスエネルギーは、悪い良くないものだと考えていました。ですから、松田さんのおっしゃる言葉に、とても感銘を受けました。マイナスエネルギーも自分の良いエネルギーであると、受け入れられるようになりました。私には躁鬱病の妻がいますが、今回の講座を受けて妻に対しての見方が、なにか前よりすっと自然に向き合えられうようになった気がします。またインナーチャイルドについて自分のことを話す機会がありましたが、あまり思い出したくない過去の話を、みなさんとても共感と寛容な雰囲気で聞いていただいたことも、とてもよかったなと思いました。
子供や妻に対する接し方が、この講座を受けたことで、とても寛容な気持ちで接するようになったと自分で思います。
こんな貴重な経験をさせていただき、感謝しております。この経験を無駄にしないよう、毎日意識して、これから生きていこうと考えております。
微力ながら後日、カンボジアの子供たちの未来のために、寄付させていただこうと思います。ほんとうに、ありがとうございました。

この度は、貴重な講座を開いていただきありがとうございました。
今回は、とても実践的でためになる内容であったと感じています。
その逆に、カウンセリングを学び始めの方には、厳しく感じる内容もあったかと思います。ですが、とても必要な中身の詰まった講座であったことには、大変感銘を受け、また感謝いたします。
私は、3年前に心理カウンセラーの資格取得後、見切り発車で活動をして来ました。昨年8月には開業届を出し、さらなるステージアップを目指しはじめました。自分自身が心理カウンセリングを学び変化して来たこと、またこれからの人生を心豊かに過ごすために意識していることなど、改めて見つめ直し、そのエッセンスを様々な形で伝えていけたらと考えはじめました。
一歩一歩進むことで、やがては活躍の経験を増やし、さらなる社会貢献になれたらと考えています。これかも、コツコツと自分のペースを守りながらも、進んで行きたいです。この度は、ありがとうございました。

5回のうちちゃんと聞けたのが2回しかなかったのですが、松田さんのカウンセリングにかける熱意 そして、カウンセラーになるための厳しさもしっかり伝えていただき、パワーも頂きました。本当にどうもありがとうございました。まずは 自分の生命力 パワーをつけて 勉強を重ねていきたいと思います。改めてメールで感想送らせていただきますが、最後の「喜びを作り出し、それを支援した方にも還元する」という姿勢にも惹きつけられました。私も是非 ほんの僅かですが、支援させていただきたいと思いますので、リンクを貼って頂けるとありがたいです。また つぎの機会があれば 参加させてください。
五回の講座あっという間に終わり色々と勉強させていただきました。本当色々な気付きがあった講座でした。皆さんとのご縁あり、数人の方とLINE@やFacebookで繋がらせていただきました。私の思いとしてはカウンセラーをしていて思ったのはカウンセラーは実に孤独だなと思いました。そしてカウンセラーにはやはり同士が仲間が必要だと感じます。カウンセラーのカウンセラー、つまりスーパージビョン、スーパーバイザーが必要なように。
 
私はこれから強い意思を持ってやっていこうと思っている人と協力しながらやっていきたいと思っています。本当ありがとうございました。
タイトルとURLをコピーしました