あなたの禁止令「心のブロック」に気づいてください

カウンセリング

こんな感情が一定期間続くことはありませんか。

  • まったくやる気が起きない
  • ひどく落ち込む
  • なんとなく落ち着かない
  • わけもなく涙が流れ出る
  • いつもイライラしている
  • 不安がぬぐえない

誰でもこんな気分になることはありますが、たいてい数日のうちに気分が元に戻るものです。

もしも、上記のような抑うつ気分が10日間以上も続くようでしたら、うつ病を疑ってみてください。

精神科に通い始めて、うつ病と診断されるとさらに気が滅入りますが、まずはゆったりとした気持ちで自身の内に目を向けてみましょう。

そうなる理由が必ずあるからです。

その背景を丸ごと、脳で理解し、受け入れる過程で何かが変わっていくと信じてください。

 

これは一般論ですが、抑うつ気分になりやすい人特有の傾向性があります。

・筋の通っていないことを好まない。

・自分一人で解決しようとする。

・自分中心の考え方に陥りやすい。

・人一倍責任感が強い。

・白か黒かの思考に陥りやすい。

・自分自身を過小評価しやすい。

・人からの評価を気にする。

・~ねばならない、〜べき思考が強い。

・木を見て森を見ずの捉え方をしやすい。

 

例えば、人一倍責任感が強いために、がむしゃらに頑張り続けてしまう人の思考には・・・・。

自分がやらなければ、誰もやる人はいない。
そうすることが自分の責務だと考えている。
自分が納得するまでやらないと気が済まない。

潜在的にそう思い込んでいる染みついた思考癖があると思われます。

その根底には、ひょっとしたら、

頑張り続けなければいけない。
楽をしてはいけない。
助けを借りてはいけない。
などの禁止令があったりします。心のブロックと呼んでいるものです。
でも、ブロックが解放できたら、
他にもやれる人はいるだろう。
みんなで分担してやってみよう。
あの人の力を借りてみよう
といった行動も自然と生まれてくるものです。

 

一例として挙げてみましたが、思考の癖に当たるようなものは、誰にでもあり、それによって行動もたいていパタン化していることに気づく必要があります。

自分自身で気づいて、修正できる方もいらっしゃいます。

でも、灯台下暗し。

人のことは良く見えても、自分自身のことには気づけないものなんです。

また、頭ではわかっていても、なかなか変えられないのが人の常でもあります。

その気づきを導き出すのが、カウンセリングの役割。

あなたが、もしも、心が病んでいる人が受けるのがカウンセリングであると思っていたら、少し考えを改める必要があります。

病んでいると思っている人の心の中に純粋さが宿っていたり、健常だと思っている人の心の中に異常な性質が潜んでいたりするのです。

良いとか悪いとかの評価に何の意味もありません。

もしも、生きづらさを感じていて、そこから脱したいのであれば、一刻も早く自分の禁止令「心のブロック」を解放することをお勧めします。

あなたの人生が変わること、間違いありません。


最後まで、お読みいただきありがとうございました。

ブログランキング参加中です。

この記事に共感いただいた方は、ワンクリックで投票をお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ
にほんブログ村

今日もあなたに喜びの一日が訪れますように。

タイトルとURLをコピーしました