カウンセリングをやり続ける目的とは

カウンセリング

これは、最近、感じたことです。

2014年にカウンセリングエデンを開いて以来、丸6年が経ちました。

これまでに対応したクライエント様は2,000人以上。

基本、私の行動の動機は、「やりたい」という一点に尽きるのですが、それにはある目的が絡んでいることに改めて気づきました。

それは、

カウンセリングの素晴らしさを一人でも多くの方にお伝えしたい。

ということです。

例えば、かかってくるお問い合わせのお電話です。

例え、無言電話であっても、新型コロナウィルスで心は疲弊した人がお金は払えないけど相談したいと言ってきても、そちらは無料相談ですかと尋ねられても、WEB上の電話番号表示は決して外すことはありません。

もしもこれを断ち切ってしまえば、真摯な気持ちでカウンセリングの門戸をたたいた方までにも門戸を閉ざすことになってしまうからに他なりません。

実際のところ、8割方は、カウンセリングの意義や価値をお話して終わってしまうのですが、それはそれでよしとしたいと思っています。

なぜなら、それこそ、自分が望んでいる「カウンセリングの良さを伝える」行為そのものだからなんです。

カウンセリングは、相談やおしゃべりとは違います。
カウンセリングは、プロのカウンセラーがあなたのお悩みの根本的な解決を支援する場です。
カウンセリングでは、あなたの言葉にならない声に耳を傾け、これまで気づき得なかったことに気づくことができます。
こんなことを意識すると、私が一つ一つのお電話に対応することさえも、意義あることに思えてきます。
もちろん、じっくりと腰を落ち着けてホームページをお読みいただけたら、心理カウンセリングの素晴らしさがお分かりいただけるものと思っています。
さて、今日もクライエント様の対応をいたしました。
私が対応するクライエント様は、すべて以下のフィルターを通り抜けてきてくださる方。
①ホームページをお読みいただき、カウンセリング効果を感じていただく。
②お申し込みフォームに記入して送信していただく。
③ご料金を事前にお支払いいただく。
本当にありがたいことです。
入ってきていただいたクライエント様には、プロのカウンセラーが全身全霊をかけてお話をお聴きし、あなたの心の背景を一緒に見つめ、望むゴールに導きます。
おかげさまで、事後のクレームは一切ありません。
これは、カウンセリング効果を感じ取っていただいているからだと自負しています。
百聞は一見にしかず。
口で説明するよりも、自らの心で実感していただくことが本物の証です。
心が変われは、人生が変わります。
あなたもありのままの本当の自分を見つけて、ぜひ目の前に望む現実を作り出してください。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

ブログランキング参加中です。

この記事にご共感いただいた方は、ぜひ下の写真をワンクリック、お願いいたします。m(_ _)m

なお、記事の拡散・シェア、大歓迎です。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村

今日もあなたに喜びの一日が訪れますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました