お申し込みフォームへ ➤
フェイスブック動画チャンネル

周りを受け入れる人としての器

カウンセリング

私は、人にはものごとを受け入れる器があると思っています。

大きさや弾力性はさまざまです。

間口が広い人もいれば、著しく狭い人もいます。

いろんな方面に開かれている人もいれば、一か所にしか開かれていない人もいます。

 

実は、最近、素晴らしい感性を持った方に出会いました。

年齢は20代でお若いのに、言葉の使い方は大変ていねいです。

どんなときでも約束の時刻を守ります。

背筋がピンと伸びています。

いつも落ち着いて行動します。

思ったことを飾ることなくストレートに話します。

食べ物は、何でもおいしいと言って召し上がります。

暑かったり寒かったりする、多少の苦難にも対応できます。

人に愚痴や文句を一切話しません。

ネットへの顔出しに全く抵抗がありません。

ご両親のことを心から尊敬しています。

そして、強いボランティアマインドがあります。

最後に、ブランド物に興味がなく、物欲もあまりありません。

 

・・・・・。

 

そんな大きな心の器をもった人がいるのかと思うでしょう。

いるんです。(許可いただいておりますが、念のために、ぼかしを入れさせてくださいね。)

私が、彼女から最も感じたことは、自分自身を受け入れているということ。

それはすなわち、自分が好きであるということ。

多分、飾らない素のままの姿が、私の目にはこのように映し出されたのでしょう。

 

そんな彼女に私が伝えたことは、仏教で言う「人に施しを与える」ことの大切さ。

どんな小さなことでも、人様のことを願う行いは仏の教えであるということ。

悩んでいる人には、特に必要な観念なんです。

私が・・・、自分が・・・、と考えすぎるゆえに悩みから抜け出せない。

自分のことだけを考えるのをいったんリセットして、人様の幸せのことを真剣に考えてみる。

私が、日常の生活の中でそれを実践することを勧めると、黙って頷いていました。

そんな彼女の職業が、フライトアテンダントであることを聞いたのは、後になってのことです。

高品位なサービスが求められる最上位に位置する職業でした。


最後まで、お読みいただきありがとうございました。

ブログランキング参加中です。

この記事に共感いただいた方は、ワンクリックをお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ

今日もあなたに喜びの一日が訪れますように。

 

タイトルとURLをコピーしました