良いカウンセリングのこつ

カウンセラー

これは、新人カウンセラーたちに特に伝えたいこと。

良いカウンセリングのコツとは何でしょう。

傾聴すること。
カウンセラーが話さないこと。

などがすぐに思い浮かぶかもしれません。

でも、私は、自分が数多くの経験を積んできたうえで、確信をもって言えることがあります。

それは、

解決しようとしないこと

なんです。

はっきり言いますと、

カウンセラーが解決しようとするカウンセリングに良いカウンセリングはありません。

なぜなら、答えはクライエントの内にあるからです。

ですから、カウンセラーは外側への対処法をあれこれ考える必要は一切ないのです。

もしも、カウンセラーがそれを考え始めた時には、カウンセラーの価値観が膨らみ始めるときだと心得ましょう。

 

では、どうすればいいのか。

単に傾聴していればいいのでしょうか。

答えは、NOです。

それは、インナーヴォイスにひたすら耳を傾けること。

インナーヴォイスとは・・・、

内なる声のこと。

クライエント様は、様々なことをお話になります。

でも、そのことよりも、もっと大事なことは、そう感じる、そう考える大元にあるもの。

それは、言葉にならない思いであり、本当の偽りのない自分自身。

潜在意識に中にそっとしまい込まれているものです。

そこに気づけるように仕向けていくことこそが、カウンセラーの役目なんです。

そのために心理的手法を用いるのです。

人には、ビリーフ(信念)という、

思い込み・価値観・独自の解釈・決めつけ・先入観・固定・観念・偏見

があります。

これは、自分自身ではなかなか気づけないものです。

クライエントの心の状態を的確に見取り、過去の承認書き換えワークや認知再構成のワークなどを行い、ほんの一つでもクライエントに気づきを生み出せたなら、あなたはプロのカウンセラーと言っていいでしょう。

私たちは、決められた時間内にカウンセリングを行うという、物理的な制限の中で、セッションを行います。

ですから、ひたすら傾聴して、気づきを生み出すまで話を聴いていくという手法を敬遠します。

そんなことをしたら、クライエントは延々とカウンセリングを続けなければなりません。

ご料金の過重な負担を強いることにもなります。

カウンセリングエデンで実現するカウンセリングは、クライエント様に確実に内なる声に気づいていただくものなのです。


最後まで、お読みいただきありがとうございました。

LINEのID検索から、@iux3358xをご登録の上、「フリーカウンセリング希望」とメッセージをお送りいただければ、30分のフリーカウンセリングが受けられます。

なお、ブログランキング参加中です。

この記事にご共感いただいた方は、ぜひ下の写真をワンクリック、お願いいたします。m(_ _)m

なお、記事の拡散・シェア、大歓迎です。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村

今日もあなたに喜びの一日が訪れますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました