専門のカウンセラーが対応

カウンセラーであるための条件

カウンセラー

 クライエント様から寄せられる案件は様々で、家庭のお悩み、異性関係とのお悩み、職場でのお悩み、ご自身がずっと抱えているお悩み等、多岐にわたります。

そして、時には、離婚やパワハラの訴訟問題までご相談を受けることがあります。

そうなると、カウンセラーって、いろんな知識を持っていないと務まらないのではないかと思われるかもしれませんが、私はカウンセラーであるための最大の条件はそこではないと考えています。

それは、「自分の心の仕組みを理解できていること」これに尽きます。

​自らの心の仕組みを理解できない人が、他人の心の仕組みを理解できるはずがありません。

そして、臨床経験を積むことでこそ、それを一般化できると思っています。

人は、肩書きや華やかな経歴に目が行きがちですが、深みのあるカウンセリングを実現したい方は、ご選択の際にそんな視点を付け加えてください。

タイトルとURLをコピーしました