カウンセリングのイメージ

皆さん、心理カウンセリングにどんなイメージをお持ちですか。

心理カウンセリングとは、心理学についての専門性を持ったカウンセラーが、クライエント様のお話を傾聴し、心の仕組みやはたらきに対する正しい理解を促し、心理学的な手法を用いて、悩みを解決するものです。

セッションは、これまで感じ得なかった内なる声に気づき、悩みの原因となる思考パターンを書き換え、新たなセルフイメージに向けたアクションを生み出していくことを目指して行われます。

その主体的な取り組みに手を差し伸べ、なりたい自分の実現を手助けするのが心理カウンセラーの役割です。 

悩みを抱えて心がモヤモヤしている。

ずっと持ち続けている未解決の問題がある。

いろいろと考えてしまい夜も寝付けない。

周りの評価がどうしても気になってしまう。

怒りや憤りの感情が収まりきらない。

不安や心配でいつもイライラしている。

周りにいる人がうらやましくて仕方ない。

会社に行こうとしても体が動かない。

ストレスで心が押しつぶされそう。

どうにもならない孤独感に襲われている。

過去のある出来事がフラッシュバックする。

長い人生には、自分一人で何とかしようと思っても、どうにもならないときもあります。

そんな時にこそ、カウンセリングを利用していただきたいのです。

あなたは、今日、数ある心理カウンセリングサービスのうち、エデンのホームページを開かれました。

これは、お悩みを解決したいとの願いをもって、自らアクションを起こされたことを意味します。

まずは、その勇気に敬意を表します。

​我々スタッフ一同は、主体的に悩みを克服しようとする人を支援することが使命だと考えています。

そして、質の高いカウンセリングサービスを提供することで、心を回復していただき、本来のご自身を取り戻していただきたいと切に願っています。

​”一人でできないときには、素直な気持ちで人の力を借りてみる。”

​これが、自然な考え方です。

人に心を開くことは恥ずかしいことでも、めんどうなことでもありません。

しかも、全くあなたの人生とはかかわりのないカウンセラーだからこそ、あなたを白紙の状態から主観的に評価することなく受容できるのです。

家族や友達には話しにくいことでも、カウンセラーは人の心に向き合うプロフェッショナルですから、気兼ねなく心を開いていいのです。

​原因が変われば、結果は必ず変わります。

原因を変えうるエネルギーも必ずあなたの中に在ります。​

それには、今受け取る結果を変えたいと強く願うあなたの心が必要です。

信頼できるカウンセラーと出会う

家族には話せない。 
周りに相談しても理解してもらえない。
心を開ける人がいない。

​こんな現状の中、仕事で心が押しつぶされそうになって、心や体に支障をきたし、医療機関にかかる人が後を絶ちません。

実際に、平日の心療内科は、心の苦しさを表情に浮かべて来院される患者さんであふれています。

​回復したいとの思いから、医療機関で診察を受け、約10分程度の診察の後、処方箋をもらいます。

そして、薬を飲み続けます。

​でも、あなたが求めていることがそうでないことを、私たちはわかっています。

​「自分の心を丸ごと理解してもらうこと」

​これしかありません。

​無条件の受容

​これができるのが心理士たるカウンセラーなのです。

​​信頼できるカウンセラーに出会い、心を開くことができたら・・・、

心を受容され、これまで知りえなかった気づきが得られたなら・・・、

あなたの意識は必ず広がっていきます。

そして、思考や行動が変わり、受け取る結果も必ず変わってくるのです。

受容が生み出す大きな力

クライエント様は、

1モヤモヤした感情がある 
2自己肯定感が低い 
3やる気が起きない 
4自信が持てない 
5未来への希望がない 

このような状態でカウンセリングに来られます。

それが、カウンセリングを受けてみると、60分ほどのお時間で、感情がリセットされ、自己肯定感が回復し、自信と元気を取り戻し、未来への希望を感じるようになります。

不思議なことだと思うかもしれませんが、これこそカウンセリングが潜在的に持つ力なのです。

カウンセリングは、もやもやした感情を掃き出すことから始まります。

クライエント様は話したいことがらを自分の思う順番に話し始めると、しだいにカウンセラーの共感的な対応から、受け止められている安心感を得るようになります。

これが、ラポール(注1)という信頼関係を構築するのです。

クライエント様は、掃き出しながら自分の感情を浄化していきます。

この状態を心理学では、カタルシス(注2)といいます。

​心ない人は、いとも簡単にあなたに言うでしょう。

「忘れてしまいなさいよ。」

「そんなの、泣くだけ泣いたらすっきりするさ。」

でも、それを簡単にできますか。

きっと、そうではないと思います。

なぜなら、あなたの不安、悲しみ、怒りなどの感情は、あなたにとって意味のあるものであって、大切にされるべきものだからなのです。

私たちはあなたの感情をあなたの分身と考えます。

なぜなら、そこにはあなたの小さい頃に育まれてきた体験、またこれまでに様々な人との出会いを通して感じてきた経験などが凝縮されているからです。

その感情に至る「背景」が必ずあります。

感情を大切に扱うことが、あなた自身を大切にすることになるのです。

お分かりいただけたと思いますが、心や感情を温かく受け止めてもらえることが、悩みを抱えたあなたにとっては、何よりも大切なことなのです。

そうすることで、あなたは自分自身までも受容できるようになり、自己肯定感の向上につながっていくのです。

*注1)カウンセラーとクライアントの間に、相互を信頼し合い、安心して自由に振る舞ったり感情の交流を行える関係が成立している状態を表す。

注2)心の中に溜まっていた澱(おり)のような感情が解放され、気持ちが浄化されることを意味する。

認知の在り方

悲しみ・不安・怒り・憤りなどの感情を抑圧し、心に抱え続けることはとても辛いことです。

この心の状態は、ネガティブな認知を広げ、心をますます苦しくします。

そして、その原因を勝手な解釈で片づけてしまい、自他への否定感を増大させてしまうことにもなるのです。

これは、負の連鎖です。 

感情は、認知(注3)と深く関わっています。

認知は静的で目に見えにくく固定的なものですが、喜び・悲しみ・不安・怒りなどの感情は、動的で目に見えやすく流動的なものと言えます。

​カウンセラーは、この目に見える感情を切り込み口にして、受容しつつ、常に認知の傾向性を探っていきます。

クライエント様が、感情を掃き出している間、カウンセラーの眼はその背景にフォーカスされています。

あなたの感情は、どんな認知の在り方で引き出されているのだろうか。

そこにある、決めごとは何だろうか。

クライエント様自身にも取り組んでいただきます。

認知を認知する。

「今、こう感じていると感じる。」

メタ認知(注4)を働かせることができるようになると、自分の思考パターンにも気づけるようになります。

感情がリセットされ、自己受容が深まれば、他者受容もすすみます。

​*注3)人間などが外界にある対象を知覚した上で、それが何であるかを判断したり解釈したりする過程のこと。思考の癖のようなもの。

 注4)自分の認知を外から見るような感覚で捉えること。「そう考える自分を考えること。」

悩みの原因に気づくこと

人の認知というものは、幼少のころの体験・これまで積み上げてきた経験・人とのつながりなどで築き上げられてきたものの集大成であり、それ自体を否定することは間違っています。

あなたの認知は、あなたにとってはそうなる理由があり、それ自体が正しいと言えるのです。

​あなたには、あなたの正しさがあります。

​カウンセラーは、そのことをよく理解しています。

あなたのありのままを受け入れ、心の背景にあるものを探ります。

お話を傾聴しながら、現在に起こっていることに加えて、これまでに起こったことや子供のころのことにまで統合的に見つめ、どんな思考パターンにつながっているのか、そして、どんな行動が生み出されているのか等、あなたの心の構造を可視化していきます。

それは、あなたの意識を広げる作業であり、点や直線だけでなく、縦・横・高さをもった立体的な存在として捉えていくイメージです。

​悩んでいる人は、偏った認知の在り方でものごとを捉え、感情と行動を生み出しながら、さらに上書きして、それを強化し続けています。

そして、マイナスイメージを膨らめているのです。

人とうまく関われないと感じる心も、自分には無理だという限界も、周りが気になるという不安も、人と比べて落ち込む心も、人に依存しすぎる心も、すべてあなたの思考から作り出されたものです。

​思考の根っこに当たる部分が、必ずあります。

あなたの感情や思考に良いも悪いもありません。

カウンセラーは、クライエント様のマイナス感情に対しても、あなたが持つエネルギーとして、過少でも過大でもなく、ありのままに捉えながら、

その根っこを探り当てます。

あなたはカウンセラーを鏡としながら、等身大のありのままの自分を見つめながら、悩みの原因に気づいていきます。

​原因は、認知を拡張することで、書き換えることも可能です。

その結果、マイナス思考が緩まり、そのエネルギーをプラスに転換することもできるのです。

​それを支える原動力は、あなたがもう二度と同じことで悩みたくないと願う主体性です。

​根本的な悩みの解決への道は、ここからスタートします。

原因は2通りに分類できる

世の中は、すべて因果関係で成り立っています。

​うつ症状で悩んでいる方は、心の中にそうなる原因を持っています。

​うつに悩んでいるから、苦しいのではありません。

あなたの心の中にうつで悩む原因があるのです。

つまり、今悩んでいる姿は、結果であって原因ではありません。

この原因は、二通りに分類できます。

例えば、自己肯定感の低い方がご相談に見えたとします。

A 小さい頃、母親にお前はできない子だと言われ続けていた。

B 私は何をやってもうまくいかないダメな人間だ。

原因Aは、変えることのできない事実です。

これには、受け入れること以外にできることはありません。

しかし、原因Bは、Aによってあなたが身に付けた思考パターンです。

これが、誰にでも変えていける部分です。

悩む方の多くは、AとBを混ぜこぜにして、そこから抜け出せなくなっています。

変えようのないことは受け入れ、変えられることには勇気を持ってチャレンジしていく。

カウンセリングで目指すことは、過去に留まることではなく、未来に向けて可能性を広げていくことです。

症状が重くなる前に

体調が悪い時に、医者に診察を受けるように、心が不調であるときには、誰かに話を聴いてもらい、心そのものを受け止めてもらう必要があります。

アメリカのように多文化・他民族・多言語であり、社会構造が複雑な国では、人同士の複雑なコミュニケーションに自分自身が対応しきれないことがあります。

また、悩みが発生したら、それを抱え続けるのではなく、その都度迅速に解決していく事が求められるスピード社会でもあります。

そんな背景から、心理クリニックが日常生活の中に溶け込んでいます。

企業の重役も、教師も、学生も、子どもの親も、カップルも、世間体を気にすることなく、気軽にカウンセリングを受ける習慣が根付いているのです。

現在の日本も、社会が成熟するにつれて人同士の良好なコミュニケーションをとることが難しくなりました。

戦後、価値観の多様化が認められるようになり、自由に生きられる世の中になりました。

仕事に打ち込むことで財産を築くこともできます。

結婚を選ばない人生も選択できます、離婚を選択する生き方も認められるようになりました。

しかし、その中で、心がくたくたになり、そして傷つき、自らの人生を否定的に捉えてしまう人が大勢いらっしゃいます。

本当の自分を見失っている方がいかに多いことでしょうか。

実際に、そういう状態になってから、カウンセリングを受けに来られる方がほとんどなのが日本の現状です。

そうなる前に考えてみませんか。

心理カウンセリングは、恥ずかしいことでも、特別なことでもありません。

「ちょっと話を聴いてもらいに来ました」という具合に気軽に生活上の心配事などについて話ができるような場所、「○○先生、またお願いします。」と誰もが気軽に訪ねて来られるような場所、そんな敷居の低い存在であっていいと思うのです。

これからの時代は、日ごろの「自己管理」「メンテナンス」のために上手にカウンセリングを利用するのが賢い生き方です。

カウンセラーは、話を聴くプロフェッショナルです。

心の仕組みを理解し、人の感情に尊厳を持って向き合うことができます。

来談者は、自分のことをわかってもらえたと感じたときに、心が安心感に満たされます。

あなたには、あなただけの翼があって、ご自身の翼で羽ばたけるように最大のサポートを行うのがカウンセリングです。

時にアドバイスが欲しいと言う方もいらっしゃいます。

そう思うことも決して否定はしません。

私たちは、それもご自分の心の中に望むところがあって、それを引き出してほしいと願っているものと解釈します。

こちらの意見を一方的に話したり、押し付けたりすることではなく、あなたから引き出すことに徹します。

なりたい自分の姿がイメージできて、本当にそう望んでいけば、自らが持つ治癒力であなたの心は回復し、望む結果を受け取ることができるのです。

カウンセリングは最高の自己投資

よく、そちらは無料のカウンセリングですかと聞かれる方がいます。

話を聴いてもらいたいとか、一方的に話すだけでいいという方です。

お話を聞いてもらうのに、お金は必要ないという観念は、友達に相談することとカウンセリングを混同している考え方です。

カウンセリングエデンは、心の仕組みを学び、二度と悩まない黄金の思考を手に入れていただくところです。

友達への相談とは、まったく次元の違うサービスです。

これをまずご理解ください。

確かに無料で生活相談を行っている行政の窓口はあります。

でも、本当にお悩みを解決したいと願う方が行ってみると、ほとんどの方ががっかりします。

それどころか、かえってマイナス感情が増したという方も少なくありません。

行政の相談窓口は、あくまで法制度にのっとった業務上の市民サービスですので、あなた心に寄り添って、本当の解決にまで導いてくことは到底望めません。

担当は、相談員。時間は30分、夕方5時には終了。

これで、心の変容を求める方が、無理な話です。

また、世間には、多くのカウンセリングサービスがあります。

①傾聴レベルのカウンセリング。

②現在の取るべき行動を示唆するカウンセリング。

③無意識に存在する思考パターンを変えて、新たな行動を生み出すカウンセリング。

①では、心がすっきりするだけで終わります。また、ご本人も共感してほしいと思っても、自分が変わろうとまでは思っていないことが多いです。

②は対処療法であり、根っこの思考が変わりようがないため、また同じ行動を繰り返すことになります。

エデンが行うのは、③のカウンセリングです。

私たちは、お支払いいただく対価として、あなたの悩みの原因を特定し、二度と悩まない新しい思考を手にしていただきます。

それが、単なるおいしいものを食べたり、欲しいものを買うといった一時的な満足ではなく、あなたが一生使えるものとして獲得できる財産だと確信しているからです。

カウンセリングは、自分自身への最大の自己投資です。

どんなに仲の良い家族とも、友達とも、いつかは別れる時が来ます。

でも、自分の心とは、あなたの生を全うするまで付き合っていきます。

その心の黄金則を理解し、無敵な思考を手に入れることは、あなたに無限の可能性をもたらすことでしょう。

相談とカウンセリングの違いについては、こちらに詳しく根拠を述べています。

それに加えて、私たちは、より質の高いサービスを追求しています。

その一つに、60分/90分電話カウンセリングをご利用いただいた方へのアフターケアメールがあります。

カウンセリング後の心のケアを文字で綴って差し上げるこのサービスは、これまでに多くの方から感謝のお言葉を頂いています。

また、更に、複数回のセッションや長期パートナーシップカウンセリングをお取りいただいた方には、メッセージやメールでのセッション間のサポートも行っています。

「カウンセリングって、すごいんだ。」

「心の仕組みとはたらきがよく理解できた。」

「カウンセリングを受けて、今まで知り得なかったことに気づけた。」

これらをクライエント様に実感していただき、その有効性を広く向上させたいとの願いが私たちの大きなエネルギー源です。

手に入れた新しい思考と行動が、確実にあなたの願う姿の実現を可能にすると考えれば、カウンセリングは最も効率の良い自己投資といえます。

「話せて、本当に良かった。」

「心がすごく楽になった。」

「思考が変わって、周りを見る目が変わった。」

「自分の心も周りの心も見えるようになった。」

「もっと、早くに利用すればよかった。」

クライエントの皆様からのお言葉に、私たちは感謝の念にたえません。

お寄せいただいたお客様の声をまとめてあります。

ご一読ください。

良いカウンセリングの絶対条件

(1)聞くではなく、聴く

これは、素人ではなかなか難しいことだと我々は考えています。

なぜなら、「聞く」ではなく「聴く」だからです。

聴くは、『耳+目+心』を意味します。耳だけでなく、目と心でお話を受け止める・・・、つまりは共感することを意味するのです。

私たちは、あなたを無条件で受容いたします。

気持ちを受け止めてもらえるという絶対条件のもとで話を聴いてもらえるのがカウンセリングなのです。

友達に話して、反対されたり諭されたりするのは、相談の領域で起こることです。

私たちカウンセラーは、あなたの行いは、そうする理由があってのことと捉えるので、安心して心を開けるのです。

(2)どんな悩みでも大丈夫

「どんな内容でも相談できるのですか。」とよく質問を受けますが、ずばり、ご相談の内容はまったく問いません。

心理カウンセラーは、あなたの心と対峙します。

こころの在り方だけを見つめていくので、お悩みの種類は関係ありません。

周りとのかかわりの中でのあなたの思考の働き方を的確に診断します。

具体的には、うつ、トラウマ、夫婦の関係、恋愛問題、離婚、自殺願望、DV、パワハラ、モラハラ、依存症、不安症、職場の問題、家族の問題などがあります。

悩みは単独で存在することは少なく、複合的に関わり合っていることが多いので、現在起きている人間関係や周りの環境を理解しながら、あなたの真の心の声にフォーカスされた、ぶれないカウンセリングを目指します。

(3)確かな考えと経験

資格をもったカウンセラーが心理学に通じていることは当然のことですが、大切なことは相手の状況を判断して、必要な処置をとれるかどうかです。

うつで不眠症を併発している方には、いかにしたら休養をとれるかを第一に考えます。

命を絶つことを考えている方には、その心の苦しさを分かち合い、苦しみから解放されるために今すぐにできることを共に考えます。

クライエントの置かれた状況によって、対処方法が変わってくるのです。

人は誰一人として、自分と同じ状況の人はいないわけですから、それが当然のことなのです。

こういったことも、臨床経験を通して身につくものです。

悩みというものは、心理学の理論だけを当てはめても、どんなに優れたセラピーをやったところで解決しません。

あくまでも、クライエント様ご自身の心で実感していくものです。

私たちがカウンセリングの流れに取り込んでいる認知行動療法に基づく考え方や、解決志向ブリーフセラピーの手法は、悩みの解決の王道であり、どんな人の心にも確実に作用していきます。

そして、ご自身でそれを学ぶからこそ、カウンセリング後にも活用していただけるのです。

(4)個人情報は完全保護

クライエント様にとりましては、自分のことをすべて話すのですから、守秘義務をきちんと守ってもらえるかが最も気になるところです。

エデンでは、社内コンプライアンスを徹底し、個人情報の漏えいがないように万全の体制を作っています。

組織内で情報を共有することもありませんし、たとえ身内であってもお伝えすることはありません。

もちろん、外部からの問い合わせがあろうとも、個人情報に関することには一切お答えしておりません。

また、WebブラウザのURLの横に表示されている鍵マークは、SSL対応の証であり、ホームページが安全であることの証明でもあります。

ご入力いただいた内容も、第三者に読み取られる心配はありません。

詳しくは、カウンセリングエデンの10の特色をご覧ください。

カウンセリング後のあなた

想像してみましょう。

心のブレーキが外れた自由な自分

すべての抑圧から解放された自分

自分の心が前よりも見える自分

周りの評価が気にならない自分

セルフコントロールができる自分

確かな軸を持った敵のいない自分

これらは、カウンセリングでこそ実現できる姿です。

そこには、過去への悔いも未来への不安もない、今に喜びを感じて生きるあなたご自身がいるはずです。

それがあなたの未来に幸せを呼び寄せる生き方だと断言します。

心の学び場 NO.7 by counselingeden

カウンセリングは、自分の潜在意識と向き合う作業です。ちょっと勇気が必要ですが、これまで意識することがなかった内なる声に気づけます。